ブラヴィッシモのいろいろな記事

Webページ操作を簡単クロスブラウザテスト(1) – Sauce Labs + Selenium Builder

2015/5/22

はじめに

 
Webアプリのテストには、クロスブラウザテストが付き物です。

異なるブラウザを立ち上げては同じテストを繰り返すうち、
「面倒臭い・・・ブラウザ操作を記録して、全ブラウザで一斉テストとかできないの?」
となるのは誰もが通る道でしょう。(多分)

abstruct

そんな願いを叶えてくれるのがタイトルにある「Sauce Labs」と「Selenium Builder」です。
今回はその使い方の簡単なチュートリアルをしたいと思います。

必要なもの

  • Firefox
  • 英語サイトへの抵抗力(見た瞬間ブラウザバックしない)

手順

1. Sauce Labsへの登録

Sauce LabsはWebページの自動テストを行える、クラウドベースのテストプラットフォームです。
要は自前で環境を用意しなくても、目の前の端末から、クラウド上にある様々な端末&ブラウザで
Webテストが行えるわけです。

saucelabs
※画像は旧公式ページ

 
利用には会員登録が必要なので、まずは以下の手順で登録します。

  1. https://saucelabs.com/ にアクセス→FREE TRIAL
  2. フォームに情報を入力→CREATE ACCOUNT
  3.  出てきたダッシュボード画面左下のユーザ名をクリック→My Account→
    下図赤枠部分のAccess Keyを控えておく

アクセスキー

これでSauce Labsの準備は完了です。

2. Selenium BuilderをFirefoxにインストール

続いてもう1つの主役である「Selenium Builder」をインストールします。
これはブラウザ操作を記録・再生できるFirefoxプラグインで、
さらに記録した操作をそのまま1.のSauce Labsに送信することができます。

 
つまり、Selenium Builderで記録した操作を
Sauce Labs上の複数ブラウザで一斉実行!ができるのです。

これこそが求めていたものです。

 
話を戻して、早速Firefoxで以下の公式サイトにアクセスし、
下図赤丸部分の「install」を押してインストールしましょう。

http://seleniumbuilder.github.io/se-builder/

sebuilder

インストール後、Firefoxを再起動するとプラグインが有効になります。

再起動後、ブラウザのどこかで右クリックして「Launch Selenium Builder」を選択すると、
下図のようにSelenium Builderが起動します。

起動画面

起動直後は言語が英語になっているので、上図赤枠の部分をクリックして「Japanese」を選んだ後、
×でダイアログを閉じてからもう一度「Launch Selenium Builder」で開きましょう。
下図のように日本語化されたダイアログが表示されます。

プラグインの管理

で、もう1つ下準備として、Sauce Labsと連携するための
プラグインを追加する必要があります。上図赤枠部「プラグインの管理」をクリックして、
「Sauce for Selenium Builder」をインストールしてください。

plugin_sauce

その後ダイアログを閉じるか「戻る」を押せば、下準備は完了です。

3. Selenium Builderでブラウザ操作を記録

それでは実際にクロスブラウザテストしたい操作を、
先ほどのSelenium Builder公式ページを対象に記録してみましょう。

  1. http://seleniumbuilder.github.io/se-builder/にアクセス
  2. ページのどこかで右クリック→Launch Selenium Builder

で、赤線部分の「記録」をクリックすると記録が開始されます。

初期画面

ではWebページに戻って、試しにヘッダメニューの
「Plugins」をクリックしてみましょう。(下図赤線部分、クリックで画像拡大)

sebuilder_plugins0
sebuilder_plugins

ページが切り替わりました。ダイアログのほうに戻ると、
Pluginsのリンクを踏んだという今の動作が記録されています。

sebuilder_recorded

ここまでは「操作の記録」に主眼を置いてきましたが、
Selenium Builderはテスト自動化のためのツールなので、
アサーション機能も備えています。

なのでPluginsのリンクを踏んだ後、正しいURLに飛んでいるかどうかを
チェックするアサーションを設定してみましょう。

sebuilder_assertion1 sebuilder_assertion2

  1. 「2.クリック」の横の「≡」マークを押して、「ステップを下に追加」
  2. 追加された「3.クリック」のテキストをクリック→「アサーション」→「URLのチェック」→OK
  3. 「URL」のテキストをクリック→PluginsページのURLを入力→OK

GUIがやや不親切ですが、上記2番目の画像と同じになるように気合で設定してください。

最後に「記録を停止」を押せば、記録完了です。

4. 記録した動作をSauce Labs上で実行

さて、記録した動作をいよいよクラウド上で実行します。

「実行」メニューから、「Run on Sauce OnDemmand」を選択します。

sebuilder_runonsauce0

そうすると、以下のようにSauce Labsへの接続設定画面が表示されます。

sebuilder_runonsauce

フォームに以下を入力し、「OK」を押します。

  • Sauce Username→手順1.で登録したSauce Labsのユーザー名
  • Sauce Access Key→手順1.で控えておいたAccess Key
  • Sel 2 Browser→実行したい環境とブラウザ。「Add」ボタンで複数追加可能
    (ここではLinuxのGoogle Chrome 1つのみ指定)

そうすると記録した操作がSauce Labsへ送信され、
クラウド上の端末でテストが開始されます。結果が出るまでしばらく待ちましょう。

sebuilder_result1

緑色=うまくいったようなので、Sauce Labsのページに行って
詳細な結果を見てみましょう。(次節へ続く)

5. テスト実行結果の閲覧

Sauce Labs上でのテストが完了すると、
テスト結果の詳細ページが自動で開かれます。

テスト結果

全ての動作が正常に完了したこと(「Test Success」)が示されています。
ちゃんと手順3.で記録した通り、Pluginsのページが開かれていることが
画面右下のキャプチャからも分かりますね。

驚くべきことに、テスト実行中の動画まで見ることができます。
「Watch」タブを開いて再生ボタンを押してみましょう。

テスト結果動画
テスト結果動画2

クールです。再生にはFlash Playerが必要なので、入ってなければ入れましょう。

おわりに

上記の例では実践していませんが、

  • 複数ブラウザでのテスト並列実行
  • 任意のタイミングでの画面キャプチャ
  • モバイルブラウザでの実行

などなど、Webテストにおいてやりたいことは大体できてしまいます。

ただ残念なことに、Sauce Labsが無料で使えるのはTrialの14日間だけで、
以降は有料会員になる必要があります。

そこで次回は、多少手間が掛かってもお金を掛けたくない人向けに、
Sauce Labsの代わりに自前でクロスブラウザテストの環境を構築して
自動Webテストを行う方法を紹介したいと思います。

Selenium2、WebDriver、Selenium Serverなどのキーワードに
ピンと来る方も乞うご期待です。

それでは。

関連記事:
Webページ操作を簡単クロスブラウザテスト(2) – Selenium Builder + Selenium WebDriver
 


画像素材:

記事執筆:nari
最終更新:2016/08/23

Pocket

カテゴリ:テスト自動化, ブラヴィッシモのいろいろな記事

お問合せフォームへ
ブラヴィッシモTOP
Hotelie - ホテル・旅館の直販アップ&インバウンド集客ツール